無職でも申し込めるカードローンがありますか?

 

『無職でも申し込めるカードローンがありますか?』

 

私は数か月前にバイトをクビになってしまい、次の仕事がなかなか見つからず現在無職で、貯金を切り崩しながら生活しています。でもどうしてもお金が足りないのでカードローンでお金を借りたいと思っています。無職の人でもお金を借りれる金融機関はあるでしょうか?

 

◇無職の人がカードローンでお金を借りるのは難しい

 

失業してしまったのですね。大変ですね・・・。ただ現実的には無職の人でもお金を借りれる金融機関を探すのはなかなか難しいです。無職の年金受給者や専業主婦が借りれるカードローンなら銀行や中小規模の消費者金融で販売していますがそれ以外の方となると借入は難しくなります。小規模の消費者金融で、一時的に無職でも雇用保険(失業保険)の受け取りが見込める方や、派遣社員として働いていてまだ仕事は始まっていないけれど派遣先は決まっているという方に融資するところはあります。また、無職の専業主婦にカードローンの申し込みに配偶者の同意書はいらないという消費者金融もいますがただし、ヤミ金も多いので借入には注意が必要です。ちなみに無職の専業主婦に対しカードローンの申し込みに「配偶者の同意書」はいらないという消費者金融もありますがこれは明らかにヤミ金です。

 

◇アリバイ会社を利用してお金を借りるのはどうか

 

無職でもお金を借りたいという人にサービスを提供するアリバイ会社(偽装会社)というのがあります。アリバイ会社は架空の源泉徴収票や給料明細書、社員証などを発行します。また、在籍確認の電話にも対応します。アリバイ会社は無職の人だけでなく、水商売などカードローンの審査に不利な職業に就いている人も申し込んでいるようです。
専業主婦がカードローンに申し込む際に、アリバイ会社を利用することもあります。ただ、アリバイ会社を利用してたことが発覚すれば契約は破棄になりますし、その金融機関とは一切の取引ができなくなります。また詐欺行為として訴えられる可能性もあります。それにアリバイ会社を名乗る詐欺もありますので、アリバイ会社を利用するのは非常に危険なことです。絶対にやめてくださいね。

 

◇無職の人が安全にお金を借りる方法

 

無職の方で生活に困窮しているなら、ご家族に相談できればいいと思いますが、そうもいかない場合は公的融資制度を利用することをお勧めします。公的融資制度には「生活福祉資金貸付制度」というのがあって、この制度を利用すれば、失業して無職になり、生活困っている場合、一時的に生活資金などを借りることができます。金利は非常に低くなっていますので、返済負担も軽減されます。まずはハローワークに行って求職申し込みと職業相談をしてください。そのあと市区町村の社会福祉協議会で「生活福祉資金貸付制度」に対する申し込みができます。

 

頭を抱える女性